■2015-7月
講座案内

2015年度講座案内を更新しました。


■2015-7月
能ウィークのご案内

2015年度能ウィークのスケジュールを告知しました。


■2015-7月
チケット予約受付中!!

第19回のべおか天下一薪能のチケット予約を受付中です。
※特席・SS席完売


■2015-7月
第19回のべおか天下一薪能

第19回のべおか天下一薪能の概要を公開しました。


九州大学能楽部


第19回リーフレット表紙

※特席・SS席のチケット完売しました。

 城山城址に天下一が舞う「第19回のべおか天下一薪能」は10月10日(土曜日)午後5時半から、延岡城址二の丸広場の特設舞台で開演します。
 NPO法人・のべおか天下一市民交流機構が、延岡の歴史・文化を活かした新しい延岡の地域づくり・ブランドづくりを通じて、地域の情報を広く世界に発信するとともに、地域の人々にふるさとへの愛着と誇りを醸成しようと、平成9年度から開催しているのが「天下一薪能」です。

 今年度は半能「春日龍神(かすがりゅうじん)」、狂言「棒縛(ぼうしばり)」、能「項羽(こうう)」の3目を上演いたします。

「春日龍神」は、京都高山寺の高僧・明恵上人が中国・インドへの旅を決意し春日明神へ行くと、時風秀行にその必要はないと諭され、春日明神の力によって釈迦の生涯の様子が繰り広げられます。片山九郎衛門と延岡の子供たちが出演します。「棒縛」は、酒好きな二人が芝られた状態からどうにかして酒にありつこうとする狂言で、和泉流野村万作家狂言師・野村萬斎らが演じます。「項羽」は、草刈りの男が老人の漕ぐ便船に乗ったところ、老人は船賃として美人草を要求し、不思議に思った男が美人草のいわれを聞くと、項羽の后・虞妃が身投げして埋葬されたところから生えたのがこの草だと説明し、自分は項羽だと明かして最後の奮戦の様子を再現する作品で、片山九郎衛門らが出演します。

また、薪能に関連し開催1週間前後を「能ウイーク」として「内藤家旧蔵の能面展」、「西日本現代能面作家展」(いずれも内藤記念館、入場無料、9月19日〜10月18日)、「のべおか天下一薪能写真展 (市民協働まちづくりセンター、入場無料、9月19日〜10月15日)、「光彩華絵巻 (延岡城址薪能会場周辺、10月10日)、「延岡市民能舞台」(野口記念館、入場無料、9月26日)を実施いたします。



◆第19回開催概要


■日時
  平成27年10月10日(土)
  開場:午後3時、開演:午後5時30分
■会場
  延岡城址二の丸広場
■演目
 ・狂言「棒縛」
 ・半能「春日竜神」
 ・能「項羽」
 
  

■入場料金
第19回料金表

■チケット予約方法
・座席は全席指定。特席(1万円)、SS席(8000円)、S席(6000円)、A席(4000円)

@郵便番号・住所
A氏名
B連絡先(電話番号)
C希望の座席種類と枚数
D正面以外の席になる場合の「入口側」(橋掛かり側)、「奥側」の希望
E雨天時2回の入れ替え講演となる場合の「昼の部(15:30開演)」、「夜の部(18:30開演)」の希望

を明記。下記宛先までハガキ、FAX、メールでお申し込み下さい。
・プレイガイドでの販売(延岡市=内藤記念館・延岡総合文化センター、宮崎市=メディキット県民文化センター)は、8月23日開始予定。

【宛先】
〒882−0813
延岡市東本小路131−5 延岡市民協働まちづくりセンター内
のべおか天下一市民交流機構
電 話:0982・33・0248
FAX:0982・32・6151
Eメール:tengaichi@dolphin.ocn.ne.jp



 
 

NPOのべおか 天下一市民交流機構
〒882-0813 宮崎県延岡市東本小路131番地5(延岡市協働まちづくりセンター内)
TEL.0982-33-0248/FAX.0982-32-6151
http://www.nobeoka-tengaichi.jp  MAIL:info@nobeoka-tengaichi.jp